スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冠雪

旭岳はもう雪が降り、晴れていれば冠雪が見られます。

スキーをするにはもう少しですが、シーズンインが待ち遠しいです。

キャンプはもう寒いですね。

テントの中が寒いです。

温泉に泊まるのが無難でしょう。



スポンサーサイト

キャンプ2016

2016年は子供が生まれたこともあって、あまりキャンプに行けていません。

今年いったところは、深川市のまあぶと沼田町の星の降るキャンプ場です。

家から近いことが、11か月の子供と行ける条件です。

無理なくキャンプしています。

出かける時はじゃらんでホテルを予約することが多いかな。




NemoのWagontop

Nemoから発売されたWagontopが最近とっても気になっている。
見たことのないデザイン、高い天井、シングルウォール、ポールは完全に外というのが特徴。

ニーモ ワゴントップ 4P キャンピングテント 4人用(NEMO Wagontop 4P Camping Tent) 本体 - バーチリーフグリーン/グラナイトグレー [在庫有:7月25日頃お届け]

価格:63,980円
(2015/7/14 14:50時点)
感想(0件)



Wagontopという名の通り、ワゴン車を彷彿させる外観だ。
フロアサイズは254×254cmとBangalowより幅が30cmほど広い。
更に天井の高さが198cm、Bangalowの154cmより40cm広い。
Wagontopは角のポールが垂直に近く立ち上がり、天井の高さもドーム状ではなくて平らに近いので、内部の空間はBangalowの比ではなく圧倒的に広い。
テント内で中腰になって移動などという必要はない。
この内部の広さは他のNemo製品の追随を許さない。

デメリットはまず重さ。
シングルウォールにもかかわらず8.9kgもある。
Bangalowが4.4kgなのでほぼ2倍重量。
オートキャンプで使用するには問題ないかもしれないが、テントは軽いほうがうれしい。
また、シングルウォール特有の問題として、結露も大きな心配だ。
窓が大きく換気をよくすれば問題ないかもしれないが、雨の時はどうなるのだろうか?
更に、夏場は暑さ対策が必要となるかもしれない。
フライがあるBangalowはテント本体の結露は少なく、風の通りもすごくいい。
テント生地がリップストップ素材でないという点もデメリットだ。
(リップストップとは一部の糸を太い糸にすることで、穴が開いたり破れたりした時にほつれを止める機能を備えた生地のこと。)

アクセサリーとしてはフットプリント(グラウンドシート)とギアキャディーが別売りで用意されている。
結露を減らす効果もあるので、フットプリントはおすすめのアクセサリーかな。

デザインが面白いので、可能であれば使ってみたい。

AsashiとBungalowの比較

Nemoのテントが新しくなった。
僕の持っているAsashiはもう在庫が無いようだ。

Asashiの代わりはBungalowになった。
両者のスペックを比較してみようと思う。
Bungalow(Asashi)で表記。

総重量:4.4kg(5.0kg)
パッキングサイズ:64×23cm(48×直径23cm)
フロアサイズ:254×229cm(254×229cm)
フロア面積:5.9平方メートル(5.9平方メートル)
テント内の高さ:154cm(154cm)
ポール素材:アルミニウム(アルミニウム)
就寝人数:4人(4人)
ポールの数:4本(4本)
レインフライ生地:68-デニールポリエステル(75-デニールポリエステル)
フロア生地:150-デニールポリエステル(70-デニールポリエステル)
定価:$369.95($399)

改善した点
重さが600g軽くなった。
フロア生地が厚くなった。
若干定価が安くなった。

悪化した点
パッキングサイズが大きくなった。
レインフライとポールのみでタープ的に使うことができなくなった。
レインフライ生地が若干薄くなった。

その他
Garage、PawPrint、FootPrintなどのアクセサリーは引き継がれている。
Linkが使えなくなった。
メインポールの固定方式がスリーブ方式からプラスチックのアダプターに変更となった。

メインポールの固定はスリーブの方が組み立てやすいのではないかと思う。アタッチメントに通すのは意外と面倒だ。
パッキングサイズは畳んだポールの長さが長くなったせいか?強度を確保するために敢えて長くしたのであれば仕方のないのかもしれない。
Linkを使うには本体が2つ必要なので、消えたのは必然だろう。画期的なシステムではあったが、売れなかったのではないか。
ちなみにAsashi Linkはまだ在庫があり、日本でも購入できる。

NEMO Asashi Link by Nemo [並行輸入品]

新品価格
¥25,148から
(2015/6/17 13:27時点)



Asashiの本体を2つお持ちの方、友達とLinkでつながりたい方、いかがでしょうか?
尚、REIのサイトでは$52.83、送料を考えてもこちらのほうが安いかも。

AsashiのGarageの最終セール?!

NemoのテントAsashiのGarageを、アメリカの本社のサイトで販売されていることが判明。

ちなみに僕はAsashiのGarageが欲しくて、昨年7月に本社にメールしていた。
回答は在庫なし、再販売の予定なしだった。
そのときのブログはこちら

なのに気づいたら販売されている!?
メールしたんだから、再販売するなら教えてくれればいいのに。
ということで注文してみた。
到着したらレポートしようと思う。

ニーモアサシ


AsashiのGarageがほしい人は今のうちに購入すべし。
これが新品を購入できる最後のチャンスだと思う。
Garageだけ売る人なんて多くないので、中古も期待できないので。

尚、Asashiの本体はNemoの公式ではもう品切れの様子。
以前も書いたがラインナップを一新しているので、もう本当に出てこないと思う。
オプションだけがセールになっているので在庫処分なんだろう。

楽天ではAsashiの日本版はまだ在庫がありそう。
おそらくこちらも在庫がある分だけなのだと予想される。
その割には全然安くないけど。

NEMO(ニーモ・イクイップメント) アサシJP【smtb-MS】 メーカー品番:NM-ASASHI-JP

価格:71,280円
(2015/1/23 14:23時点)
感想(0件)




ちなみに日本版とアメリカ版は中身が違う。
日本版はインナーが生地でできており、4シーズン対応。
アメリカ版はインナーがメッシュで3シーズン。
アメリカ版は冬キャンプは絶対無理。
日本版は使ったことがないから何とも言えません。

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

カテゴリ
最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター
Since May 4, 2010
月別アーカイブ
相互リンク
週末波乗り・連休キャンプ

ココアンがいど

北海道アウトドアにゅーす
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Lc.タグクラウド

ランキング
ブログランキングに参加しています。 気に入った方は、クリックお願いします。
プロフィール

Gakky

Author:Gakky
1999年に北海道に来ました。旭川周辺でカヌー・スキーに山菜採り、キノコ採り、キャンプを楽しみに生きています。

2013年より北海道を一時的に離れています。

ブログ内検索
カスタム検索
楽天
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。